街

地震を早く察知する方法|政府予報や速報機器を設置して備える

作業員

減災を試みるシステム

日本国内や世界において地震警報システムが運用されています。予知が適切に行なえるようになれば、減災効果は計り知れません。特に新幹線に対してのシステム導入が注目されています。

詳細

男性

被害を抑えるために

地震の発生場所や時間帯、規模を予想することは簡単なことではありません。被害を少なくするためには、一人ひとりの日頃からの心掛けが大切になります。まずは、防災グッズを揃えるなど、無理なく行うことが出来るところから始めるようにしましょう。

詳細

機器の購入の勧め

災害被害

専用の機器での受信

携帯電話が突然大きな音を鳴らして、もうすぐ地震が来るという予報を伝えてきた経験がある方も多いはずです。それは緊急地震速報と呼ばれるシステムで、政府がだす予報を通信会社が契約者の携帯電話に一斉に送ることで実現している便利なものになってます。この緊急用のシステムは命を守る上でも重大な役割を担いますので、家族にも使って欲しいと考える方もいるでしょう。しかし、お年寄りの場合は携帯電話を持っていない場合も多く、緊急地震速報のためだけに契約するのも、費用を考えると躊躇してしまいます。それならば、予報で警戒を促してくれる専用の機器があるため、そちらを購入して、大切な家族が地震に素早く備えられるようにしましょう。

確実に情報を得るため

テレビを持っていれば画面上に警告ができますし、ラジオ持っていれば放送中に予報を流してくれます。そのため、別途機器を購入しなくても良いと感じるかもしれませんが、携帯電話のように常時電源を入れていない機器では、必要なときに予報を受け取れない儒教があるのです。緊急地震速報用の機器を購入しておけば、地震が起こりそうなときは予報が流れるため、お年寄りでも安心して利用ができるでしょう。ややこしい設定が必要なく購入したらそのまますぐに使い始められるのも、緊急地震速報機器の大きなメリットです。なお、機器は家電量販店やネットショップで簡単に手に入りますので、地震が怖いなら予報を受け取れる環境をすぐに構築しましょう。

困る人

関東大震災

大正関東地震は、関東大震災を引き起こしました。ちょうど昼時であったこともあり火災が発生し多くの人が亡くなりました。その数10万人以上と言われています。地震の予測は非常に難しいです。いざと言う時の為に心構えと準備が必要です。

詳細