男の人

地震を早く察知する方法|政府予報や速報機器を設置して備える

  1. ホーム
  2. 関東大震災

関東大震災

困る人

関東大震災の被害

関東地震と言われる地震は、過去に何回かありました。相模トラフのプレート沿いに発生する地震の総称です。1923年に起きた大正関東地震が関東大震災を引き起こしました。震源地は相模湾沖とされています。震度6を記録したのは、大手町、横須賀市、館山市、熊谷市、甲府市でした。人口密度の高い地域でしたので被害が大きくなりました。10万人以上の方が亡くなられました。そのほとんどが火災によるものでした。津波は、熱海で最大12mであったと記録されています。このように大きな被害をもたらす関東地震が近いうちに発生すると言う予測もあります。時期と場所と地震の規模を特定できる場合は、地震予知と言います。これが出来るのは、今のところ唯一東海地震だけです。

避難と準備

今後起こるであろう関東地震が、いつなのか正確に予測することは困難です。いつ来ても対応できるように心構えが必要です。水や食料品を蓄えたり、防災グッズを用意します。避難経路や避難場所を確認しておきます。広域避難場所は、一時的に避難するところです。避難所は、一定の期間避難生活を送れるところです。自宅付近、会社付近の情報を良く調べておきます。揺れがおさまっても火災発生が予測される場合があります。関東地震が発生したら官公庁の情報がツイッターで流されますので情報を手に入れられます。首相官邸、総務省消防庁、防衛省、内閣府防災などがあります。多くの情報を確認して、今後どのように行動すべきかを予測することが大事です。